2016年03月15日

春の雪の大岳山

160315-1.jpg
雪が降るとついつい山に登って雪景色が見たくなる性分のようで、3月半ばの春の雪が山に降った昨日から明けて今日、3月15日の午前中、養沢奥からロックガーデン経由で大岳山に登ってみました。登り始めの養沢林道終点付近はほとんど雪がありませんが、登る程に雪が増えて、上の写真はロックガーデンの最奥、綾広の滝が近い辺りの雪深い景色。

160315-2.jpg
御岳山からの道に合流してアクバ峠の登りにかかると、北斜面の吹き溜まりで膝下までもぐる場所もありました。

160315-3.jpg
湿った雪が木に積もって幹から撓んだ大木も多く、倒木や結構太めの枝折れも目立ち、時折木が折れる音も聞こえてきました。

160315-4.jpg
大岳山頂直下の神社の石段も深い雪に埋もれていて、ここも足が膝下までもぐりました。

160315-10.jpg
雪の岩場を何とか登りきって辿り着いた大岳山頂から富士山がよく見えました。

160315-5.jpg
大岳山頂からのパノラマ。サムネイルをクリッくして開いた画像をもう一度クリックするとオリジナルサイズの大きな画像が開きます。

160315-13.jpg
山頂のこの木の枝先は樹氷でしょうか?青い空に雪と氷の白がよく映えます。

160315-7.jpg
確か大岳山頂近くのアセビは蕾に着いているこれも樹氷?
さて、山頂からの下りはお昼近くとなり日当たりの良い南側の尾根道は雪が融けはじめて、融けたカキ氷状態になっていました。

160315-9.jpg
アクバ峠まで戻ってから上高岩山に寄り道。上高岩展望台からは間近に御岳山や日の出山、金比羅尾根の向こうには青梅やあきる野の街が見渡せますが、遠くの方は残念ながら霞気味でした。

160315-6.jpg
上高岩展望台からのパノラマ。サムネイルをクリッくして開いた画像をもう一度クリックするとオリジナルサイズの大きな画像が開きます。

展望台からアクバ峠まで戻って再び往路をそのまま下り…

160315-8.jpg
養沢林道まで降りて来ると、終点付近の道端の湿った所にもうすぐ咲き始めそうなハナネコノメソウがありました。

160315-12.jpg
山から下って養沢の入口にある徳雲院のアズマイチゲは早めに咲いたものは花の盛りを過ぎてきた感じですが、遅れて咲いた花はまだ瑞々しい咲き姿でした。

山は雪景色、麓では春の花を見ることができて、大岳山で楽しい早春の山歩きができました。


posted by 山猫ノ店主 at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ノ山ニオリマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。