2016年11月02日

11/2 紅葉の三頭山

161102-21.jpg
11月初旬、今年もそろそろ秋川源流の三頭山で紅葉の色づきが進んできたかと、山猫亭がお休みの2日木曜日に様子を見に行ってみました。厚い雲が広がって陽射しが無く山頂一帯は霧に包まれて肌寒い日でしたが、まずまずの紅葉、黄葉を楽しむことだできました。上は都民の森駐車場内、いつも早めに紅葉するカエデの見事な色合いです。

161102-22.jpg
まずは森林館からセラピーロードで三頭大滝に向かう途中に見える、大滝のある辺りの山の紅葉の景色。

161102-11.jpg
周辺の木立がまずまずの色合いとなっていた三頭大滝。

161102-23.jpg
大滝の奥に続く三頭沢沿いの道沿いの林はまだ緑が多めでした。

161102-14.jpg
三頭沢沿い 色づき始め。

161102-12.jpg
三頭沢沿い、まだ色鮮やかな落ち葉。

161102-24.jpg
ムシカリ峠近く、霧の中のブナの黄葉。

161102-15.jpg
ムシカリ峠から三頭山頂に向かう途中、霧に煙る紅葉と黄葉。

161102-16.jpg
霧に包まれて展望の望めない三頭山頂。一帯の木立はまだ葉が残る。

161102-18.jpg
山頂から下って見晴らし小屋付近のブナの黄葉。

161102-19.jpg
同じく見晴らし小屋付近のブナの黄葉。

161102-17.jpg
見晴らし小屋付近の紅葉。

161102-20.jpg
鞘口峠一帯の林はまだ紅葉が進んでいない中、点々と紅葉した木もある。

陽射しが無く、特に三頭山頂き一帯では霧に包まれて紅葉の色合いが今一つはっきり見えない所もありましたが、大滝周辺など場所によっては赤系で鮮やかな色合いを見ることもでき、霧の三頭山の紅葉と黄葉もまた楽しからずやという山歩きになりました。

なお、これまでの雨の多さのためかルート全般にウエットで滑りやすいコンディションの中、特に山頂から見晴らし小屋の間で泥濘が目立ちました。しっかりした足ごしらえをして、できればストックなども使って気を付けて歩いてください。


posted by 山猫ノ店主 at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ノ山ニオリマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。