2016年04月26日

新緑の下、アケボノスミレが咲き残っていた浅間嶺

160426-17.jpg
GWが目前となった4月下旬の今日27日、檜原村の浅間嶺へと鮮やかな新緑をヤマブキの黄色い花が飾る山道を登ってアケボノスミレを見に行ってみました。

160426-7.jpg
少々タイミングを逸して来る時機が遅めのため、途中の瀬戸沢沿いでヒナスミレやナガバノスミレサイシンは花が見られず、ニリンソウも花の盛りを過ぎた様子でしたが、沢を詰め上げた先、カタクリは花もとうに終わって結実後のカタクリ群生地でこれまでここでは見たことのないヒトリシズカの花を見ることが出来ました。

160426-13.jpg
ナガバノスミレサイシンの花が終わっていた縦走路沿いで見たこれはマルバスミレでしょうか。

160426-8.jpg
浅間嶺手前ですぐ東にある入沢山に寄り道。いつもはこの山頂一帯でお目当てのアケボノスミレを見るのですが、木立の芽吹きが進んできた今はもう花がほとんど終わっており、

160426-2.jpg
入沢山に上るジグザグの下寄りの辺りで咲き残りが点々とあったのを見て、この時点では少しだけ花が見られてよかったと思っておりました。

160426-4.jpg
入沢山下で白い花びらを散らしていたこの桜はカスミザクラか、他にも散りかけの「オオヤマ」や「マメ」らしい桜たちもあったようです。

160426-9.jpg
上のカスミザクラの下辺りで花を二つつけたチゴユリ。今日はヤマブキと共にチゴユリもあちこちで咲いていました。

160426-16.jpg
入沢山から引き返して尾根道を浅間嶺に向かうと、芽吹きのコナラの梢の白っぽいのが花が咲いているようにも見えて目を引きます。

160426-14.jpg
昨年辺りから下草や藪を刈り払ってだいぶ雰囲気が違ってきた浅間嶺の様子。

160426-5.jpg
浅間嶺頂上から北、御前や大岳のパノラマ。以前はGW前半に花盛りになっていたここの植栽のヤエザクラの並木は切り払われていました。

160426-6.jpg
頂上から南西には新緑の彼方に見えるまだ白い富士山。

160426-12.jpg
浅間嶺頂上から下の東屋の広場に下る途中の、やはり藪の無くなった道端ではイカリソウの花。

160426-11.jpg
そして浅間嶺頂上の下を水平に続く縦走路で下山にかかった所…

160426-1.jpg
藪が無くなった道端で、入沢山では花が終わっていたアケボノスミレが今を盛りの様子で点々を咲いていたのは非常に嬉しい予想外になりました。

160426-15.jpg
以前はここでアケボノスミレがあるのをまったく知らず、刈り払いに感謝しなければいけません。今後もこの辺りの花の様子などどう変わってくるか気をつけて見てみましょう。

少々来るのが遅れて見られなかった花がありながら、これまでとは違う所で花が見られたり、ここで見たことの無い花が見られたりと、新緑の浅間嶺で嬉しい予想外の山歩きとなりました。


posted by 山猫ノ店主 at 20:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ノ山ニオリマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。