2019年06月08日

月山テレマークスキー 2019/06/04

2019年06月04日 山形県の月山にて よいお天気にも恵まれて、まだまだ雪が多く残る山をテレマークスキーで登り降りして遊んできました。

190604-1.jpg
月山 姥沢ゲレンデのリフト上駅からシール登行を始めて間もなくの場所から山頂を眺めた様子。この時期ではまあまあの残雪量でしょうか。

190604-2.jpg
山頂直下の雪渓上端より姥が岳とその奥に横たわる朝日連峰の山々など。ここまで順調に来れて時間、体力ともまあまあ残っていたので板を背負って山頂へ登る

190604-4.jpg 190604-5.jpg
雪渓上端から月山山頂にかけて、雪が切れた場所では様々な高山植物が開花すして目を楽しませてくれる。上はたぶんミヤマキンバイと下はハクサンイチゲ。

190604-8.jpg
開花し始めのミネザクラの花。

190604-7.jpg 190604-6.jpg
様々な高山植物の花に交じって過酷な環境で地面を這うように生えて花を咲かせるこれはヤマネコヤナギか??

190604-3.jpg
月山山頂手前(南側)より、東側斜面にたっぷり残る残雪と彼方に白く浮かび上がる鳥海山の雄姿。

190604-9.jpg
山頂近くでは雪が切れたお花畑でミヤマキンバイとハクサンイチゲの他にショウジョウバカマも開花。

190604-10.jpg
山頂から東側に広がる大斜面。今回は南東の清川方向ではなく、この画像に見える雪渓の中央末端近くまで真東に滑り下る。

190604-11.jpg
半ばまで下った辺りから見上げた月山東側の大斜面。初めて下った真東方向は、下り出して直ぐ急に落ち込み縦溝も酷いので転ばないように慎重に下り、斜度が緩くなった所を、この画像撮影地点よりもさらに下へ、山頂から標高差300m程下ったもうじき雪渓が切れそうな辺りで滑走を切り上げる。

190604-16.jpg
小休止の後にシールを貼り直して登り返し始めた辺りから見上げた様子。下し出した山頂は画像右端の奥方向で見通す事ができない。急斜面を避けて、画像の左手、南方向に迂回して登る。山頂手前で往路に合流して引き返し、月山南西の大斜面から姥沢ゲレンデを安全第一で下って疲労困憊しつつ何とか下山。この所体力低下が著しいものの、どうにか東斜面も滑る事ができ十二分に楽しませてもらった。

190604-12.jpg 190604-13.jpg
姥沢から車で帰途についた道路脇では、麓に下るほどに目立ってくるタニウツギの花。地元、西多摩ではこんなに沢山のタニウツギを見ることはない気がする。

190604-15.jpg
以前GW[過ぎに来た時によく見かけたムラサキヤシオツツジはこの時期になると散りかけが僅かに残る程度。他にタムシバやムリカリなども花が終わりかけの様子。

190604-14.jpg
そして志津の奥にあるネイチャーセンターの一角では、オトメエンゴサクが群れ咲く。以前訪れた時にも見たが、センタースタッフの方に名前を教えて頂く。以前は本州のエゾエンゴサクとされていたものが、別種とされたとの事。

景色に花に滑りとあれこれ楽しませてもらった月山でした。


posted by 山猫ノ店主 at 19:01| 東京 ☁| Comment(0) | 裏ノ山ニオリマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。