2016年04月19日

サルギ尾根 高岩山のイワウチワなど

160419-19.jpg
養沢川の谷間でも桜の季節が過ぎて美しい新緑が目に眩しい4月も半ば過ぎ、早朝に思い立って養沢神社から険しいサルギ尾根の高岩山に咲くイワウチワの様子を見に登ってみました。上は神社の側らで、朝日を受けた新緑が美しい色合いの大岳沢の様子です。

160419-1.jpg
さて足場の悪い最初の急登をこなすと植林の中の日当たりの悪い林床で、まずフモトスミレが出迎えてくれました。

160419-2.jpg
数は少ないながらもエイザンスミレも咲いています。ここのエイザンの花は白っぽいですね。

160419-3.jpg
尾根の中盤ではアケボノスミレも点々と咲いています。ここのアケボノはひょろっと徒長ぎみなのが面白いとうか、らしくない姿というか…

160419-6.jpg
アケボノから少し登った辺りで、少な目ながらナガバノスミレサイシンも咲いていました。

160419-5.jpg
植林帯を登りきると芽吹き始めた林の向こうに日の出山が見えました。尾根中盤のヤマザクラやミツバツツジはわずかに花を残す程度でした。

160419-8.jpg
上の方で見かけるフモトスミレは斑入りの葉が目立ちました。

160419-12.jpg
そして高岩山の手前のピークで盛りのイワウチワの花に出会えました。

160419-11.jpg
高岩山の手前のピーク 盛りの花の中に開き始めの花も…

160419-9.jpg
ひと登りして高岩山から上高岩に向けて一度下り始めた辺りでも登山道から離れた所にも花が点在していました。

160419-10.jpg
これも高岩山下、花が落ちているのも少しありましたが、咲き始めや蕾も若干あるようです。取りあえず道脇のものだけ撮影して、今日もここまでで下山。

160419-7.jpg
さて、高岩山が近いの芽吹き始めの樹林では…

160419-17.jpg
まだ花をしっかり残したミツバツツジが増えて中には蕾の残った木もあり…

160419-15.jpg
ヤマザクラも写真では花が目立ちませんが花が若干残っており、遠くの方にはまだ盛りの様子の木も見えました。

2013年には盛りの姿を見られたものの、冬が大雪だった2014年はイワウチワは開きかけがわずかにある程度でしたが、今回はイワウチワもアケボノスミレも花の盛りに行きあえたようで朝飯前にすっかり満腹になったような満足の早朝山散歩になりました。


posted by 山猫ノ店主 at 22:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ノ山ニオリマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

秋川丘陵のスミレ

160404-14.jpg
小雨に濡れる春の秋川丘陵では木々の芽吹きとヤマザクラの開花が始まり…

160404-11.jpg
道端の落ち葉が積もった中でシハイスミレが一株から幾つも花を開いて賑やかに咲いていました。6年程前に見てからなかなか見に来れなかったのですが、一昨日咲いているとの話を聞いて小雨の降る中で歩いた甲斐のある咲き具合の花々に出会えました。

160404-13.jpg
こちらはさらに賑々しい咲き具合の株。一昨日の話では他の場所に比べて色が濃い目だそうですが、確かに見事な赤紫の色合いです。

160404-12.jpg
ピントの甘いので恐縮ですが写真を見ると花が少し青みのある株があり、現地では色みの違いに気がつきませんでしたが何かの加減でたまたまそう写ったのでしょうか。

160404-16.jpg
シハイの他にはウグイスカグラ(カズラではありませんでしたね。慎んで訂正いたします。)と

160404-17.jpg
ヤマツツジの咲き始めがあり、タチツボなどのスミレ、ムラサキケマンなどなど、色々の花を見ながら、春雨の中で楽しい朝の散歩になりました。
posted by 山猫ノ店主 at 13:26| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏ノ山ニオリマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

春の雪の大岳山

160315-1.jpg
雪が降るとついつい山に登って雪景色が見たくなる性分のようで、3月半ばの春の雪が山に降った昨日から明けて今日、3月15日の午前中、養沢奥からロックガーデン経由で大岳山に登ってみました。登り始めの養沢林道終点付近はほとんど雪がありませんが、登る程に雪が増えて、上の写真はロックガーデンの最奥、綾広の滝が近い辺りの雪深い景色。

160315-2.jpg
御岳山からの道に合流してアクバ峠の登りにかかると、北斜面の吹き溜まりで膝下までもぐる場所もありました。

160315-3.jpg
湿った雪が木に積もって幹から撓んだ大木も多く、倒木や結構太めの枝折れも目立ち、時折木が折れる音も聞こえてきました。

160315-4.jpg
大岳山頂直下の神社の石段も深い雪に埋もれていて、ここも足が膝下までもぐりました。

160315-10.jpg
雪の岩場を何とか登りきって辿り着いた大岳山頂から富士山がよく見えました。

160315-5.jpg
大岳山頂からのパノラマ。サムネイルをクリッくして開いた画像をもう一度クリックするとオリジナルサイズの大きな画像が開きます。

160315-13.jpg
山頂のこの木の枝先は樹氷でしょうか?青い空に雪と氷の白がよく映えます。

160315-7.jpg
確か大岳山頂近くのアセビは蕾に着いているこれも樹氷?
さて、山頂からの下りはお昼近くとなり日当たりの良い南側の尾根道は雪が融けはじめて、融けたカキ氷状態になっていました。

160315-9.jpg
アクバ峠まで戻ってから上高岩山に寄り道。上高岩展望台からは間近に御岳山や日の出山、金比羅尾根の向こうには青梅やあきる野の街が見渡せますが、遠くの方は残念ながら霞気味でした。

160315-6.jpg
上高岩展望台からのパノラマ。サムネイルをクリッくして開いた画像をもう一度クリックするとオリジナルサイズの大きな画像が開きます。

展望台からアクバ峠まで戻って再び往路をそのまま下り…

160315-8.jpg
養沢林道まで降りて来ると、終点付近の道端の湿った所にもうすぐ咲き始めそうなハナネコノメソウがありました。

160315-12.jpg
山から下って養沢の入口にある徳雲院のアズマイチゲは早めに咲いたものは花の盛りを過ぎてきた感じですが、遅れて咲いた花はまだ瑞々しい咲き姿でした。

山は雪景色、麓では春の花を見ることができて、大岳山で楽しい早春の山歩きができました。
posted by 山猫ノ店主 at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ノ山ニオリマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。